FAMICOM MADNES 5 =Osaka STAGE= Infomation

Lo-bit Music Party
「FAMICOM MADNES 5」
2015/05/03[sun] Open 23:00~ (翌5:00終了予定)
大阪・日本橋Bar Guildにて開催
入場料¥2000 (1drink含む)


※注 「フリータイム」ですが、遠征開催ってことで準備が困難と思われますので今回ありません! ゴメンナサイ!

●出演アーティスト

hydden

ロックマンサウンドを追求した"自作ロックマン的BGM"シリーズを制作している他、
拡張音源を数個使ったオリジナル・アレンジを制作。
また、制作環境で利用してるMMLの勉強会"MML mini Hack-a-thon"をほぼ毎月開催してる。
2014年はそのMMLの縁で古代祐三氏率いるエインシャントの「みんなでまもって騎士」にて
"ぼ~ん!ぼやーじゅ","Eternal Knight"のファミコン音源化のMMLコンバートを担当。



ureyu

荒川の土手で絶叫しながらLSDjを操り、怒張した曲を作り続ける異形のアラサー。
2014年、縁あって" Tokyo Electro Beat Recordings"からEPをリリースし、
MIAMI師匠のもとエレクトロを学ぶ。日々鍛錬、チップエレクトロは永久に不滅です。



suesett

チップチューン6年生。ファミコンとゲームボーイとの間に生まれたため、8bit以上は理解できない特性を持つ。
Otherman Recordsではチップチューン部に所属。
最近はJuke/Footworkおすすめ係として重宝されている。
だが、日々ハードオフで集めてくるジャンク品が家族に理解されず、夜な夜な涙で枕を濡らしている一面も。メガネッ娘好き。



Rophon

みんなが王道を歩く中、ひとりケモノ道を突き進みナードコア、GABBA、重低音を突き詰める奇特な人。
音源を駆使し、サブウーハーを音波兵器に変貌させる技はさらに凶悪化!
ファミコンに飽き足らず、ついにFM TOWNS MARTYをひっさげて目指す周波数は30Hz
Stream放送では味わえない振動を体験しよう!



60 Million Reserve

2009年からPSPを用いたトラックメイクを開始、国内外のネットレーベルにて活動していましたが、PSPはこわれてしまいました。
2012年からPacemakerを用いたDJを開始、東京にて活動していましたが、Pacemakerもこわれてしまいました。
所持するガジェット楽器の故障に怯えながらDJをします。



しげ

インドネシアから伝来したダンスミュージック"Funkot"の中でもゲームミュージックのリミックスを好んでプレイする女性Funkot DJ。
本職は主婦。料理の腕前を活かしてイベントでフードケータリングなども行っている。
フロアではいつも不可思議な踊りを踊っているが、しばしば「刺激が強い」とたしなめられることも。
2014年はSquare Sounds Tokyoの後夜祭にも出演。"Enak"(インドネシア語で「気持ちいい」の意)な空間を提供する盛り上げ役。


Kabakism

Chiptuneイベント"Famicom Madnes"のWebやったりフライヤーの絵を書いたりするマン。
DJでChiptuneなのかChiptuneじゃないのかもうよくわからないような曲をかけます。
最近は「プリパラ」とNanoloop2にハマっているのでその成果が発揮されるかもしれません。
イベントの際のトモチケの交換は大歓迎です!!



COSMOWORKS feat. AYA-CHAN

コスモワークスは、2006年よりアナログシンセサイザーやリアルタイムの映像を駆使したテクノユニットそして活動をしていました。
2014年10月よりサウンドをチップチューンに転向。チップチューンとアシッドハウスを融合した「チップアシッド」と言うジャンルの確立を目指しています。
今回のライブからボーカル&TBにAYA-CHANを向かえ、ボーカルをフューチャーしたライブパフォーマンスを展開。そして同月にはアルバムのリリースも控えております。



Yokemura (from YMCK)

全国のお茶の間ですっかり大人気のずっこけ3人組「YMCK(ワイエムシーケー)」のヨッさんことYokemuraがひとり花の大阪ステージへ!てんやわんやの珍道中、ハテサテいったいどうなっちゃうの!?


Robokabuto

Chiptuneイベント"Famicom Madnes"オーガナイザーその1。企画等の準備進行と、本番では盛り上げ担当。
Liveではファミコンを中心としてレトロ機材を使った楽曲の実機演奏をClubStyleでお届け!しかしそのスタイルは常軌を逸しており
例えばファミコンでは同時に幾つもの音源を同時に再生する「ドカ盛り」のスタイルを貫き通す。その為、一部から変態と呼ばれる始末。



applesorce

小学校で悪魔城伝説の音を聴いてしまい、気づいたらファミコンが好きすぎて四国の山奥にこもったりこもらなかったり、で 気づいたらこうなってた。ハードウェアをひたすら弄くる挙句、拡張音源を全部載せる西住殿作ったり、海外のファミコン基板を買って関税で死にかけたり
ゲームボーイを煮込んだりしてカスタムゲームボーイをいっぱいつくるおじさん関東のマッドネスに引き続いて関西VJをやるようです



m7kenji [web]

2003年、携帯待受サイトの開設をきっかけに多数のグラフィックやFlash作品を製作。その傍らVJとしての活動もはじめ、都内のチップチューンイベントへ継続的に参加。その他スマートフォン向けに「ロクジョーヒトマ」「Ringo」「BUGTRONICA」etcのアプリケーションをリリース。近作としてTORIENA「PULSE FIGHETER」ミュージックビデオ、楽々モノクロドット絵エディタ「PixelTweet」など。
グラフィック〜映像〜アプリ等表現の種類を問わず活動中。